ベトナム 図書館の虹色の輪が広がっています

図書館と読書啓もう活動

「レインボーライブラリー プロジェクト」

ベトナム東北部の小学校(AEFAプロジェクト校)に 図書館の虹色の輪が広がっています。

図書館それぞれに自然・科学・健康・勇気・好奇心 など「テーマ」があり、図書館の外壁の色やロゴ、1年間の読書啓もう活動のテーマに反映されています。現在は、13の図書館でテーマに沿った活動が行われています。

今年5月以降ベトナムではコロナ感染が拡大しましたが、図書館司書の指導のもと、子どもたちは自宅で活動を行うなど工夫を凝らして継続。東北部で感染が収束してきた8月末からは、子どもたちが図書館を訪れて本を読んだり、図書館での活動も行えるようになりました。また、新年度開始とともに通学もできるようになりました。

9月の「中秋節」ではランタンや伝統的なお供え物も手作りしたり、それぞれの図書館でテーマに沿った活動も再開されています。

「本」は、新しい世界を開く窓。心は自由に、本の世界を旅することができます。               本の世界の主人公になりきって共感したり、自分と比べて相対化したり・・読書は自分自身と・作者との内なる対話で考えを深める時間でもあります。 コロナ禍で大変な思いをしている子どもも多いと思いますが、「本」が心を支えてくれる・・と信じて活動を続けています。