ゴックトゥ小ダックトン分校

明るい学校に育ちました!評判をよび、子ども達が増えています (1-5年生 116人)

雨期にぬかるみながら遠くの本校まで6kmの道のりを歩いていた5年生たち。今では村の分校で安心して学べるようになりました。天候に左右されず集中して勉強できるようになったので、成績も少しずつ良くなっています。

子ども達がこんなに変わってきました!

ディン校長先生
ディン校長先生
「将来は自分自身で生活ができる自立した子ども」を目指して指導しています。子ども達は学習意欲も高くなってきており、毎日一生懸命勉強しています。教育に対する保護者や村人の意識も変わり始めました。学校を良くしていこうとできる限りのサポートをしてくれています。学校が単に“建物”としての存在ではなく、“村の中心”となり“精神的な支え”となっています。

順調に歩んできたかのように見えるゴックトゥ小学校ですが、すべてが順風満帆だったわけではありません。特に最初の頃は教育に対する親の理解も低く、親の仕事の手伝いをするため欠席をする子も見受けられました。そのため先生方が家庭を訪問し、学校に通わせるように説得してまわりました。子ども達が楽しそうに勉強するようになると、親にも少しずつ変化が見られるようになり、教室が足りなくなった時には仮設校舎を作る手伝いをしてくれるまでになりました。
学校や子どもの雰囲気が見違えるほど明るくなったゴックトゥ小学校。今後は授業の質をあげるための取り組みなど、中身の充実をはかっていきます。

2008年